値段と内容をあわせて選ぼう

2017年3月12日から、道路交通法が改正される事になっています。そのため、3月12日以降に普通免許を取得した場合、車両の総重量が3.5t未満で最大積載量が2t未満の車でなければ当該免許の適用となりません。新法が施行後に普通免許をした場合、総重量が3.5t以上で且つ最大積載量が2t以上の車を運転する事は犯罪行為となってしまいます。

ただ、3月11日以前に免許を取得した場合であれば、総重量が5t未満で且つ最大積載量が3t未満の車は運転可能となっています。合宿免許案内サイト等や、個々の教習所ではこの注意喚起を行っており、事前に法律が改正される事は公布されています。道路交通法が改正される前に免許を取る場合であれば、普通自動車は教習実施の2ヶ月以上前に申し込みをし、1月中に講習を受講すると良いでしょう。

また、教習の内容ですが、個々の教習所では日程を細かく設定しています。講習時間は、教員の人と一対一で自動車に乗って受講をします。また、休憩時間やその他の空き時間には、学科の勉強をしたり、教員から指導された事を復習する時間として活用すると良いでしょう。

普通自動車の場合、第一種、それと第二種が在ります。二種免許は、タクシーの場合です。バスであれば、大型二種免許となります。年齢は21歳以上で一種を取得後に3年が経過している人を対象としています。繰り返しとなりますが、学生以外の二種免許を取得する事を考えている人や大型免許取得をしたい人などであっても、早期の割引や友人同士での割引は適用されるので事前に条件を確認した上で合宿免許を利用すると良いでしょう。