値段と内容をあわせて選ぼう

2017年3月12日から、道路交通法が改正される事になっています。そのため、3月12日以降に普通免許を取得した場合、車両の総重量が3.5t未満で最大積載量が2t未満の車でなければ当該免許の適用となりません。新法が施行後に普通免許をした場合、総重量が3.5t以上で且つ最大積載量が2t以上の車を運転する事は犯罪行為となってしまいます。

ただ、3月11日以前に免許を取得した場合であれば、総重量が5t未満で且つ最大積載量が3t未満の車は運転可能となっています。合宿免許案内サイト等や、個々の教習所ではこの注意喚起を行っており、事前に法律が改正される事は公布されています。道路交通法が改正される前に免許を取る場合であれば、普通自動車は教習実施の2ヶ月以上前に申し込みをし、1月中に講習を受講すると良いでしょう。

また、教習の内容ですが、個々の教習所では日程を細かく設定しています。講習時間は、教員の人と一対一で自動車に乗って受講をします。また、休憩時間やその他の空き時間には、学科の勉強をしたり、教員から指導された事を復習する時間として活用すると良いでしょう。

普通自動車の場合、第一種、それと第二種が在ります。二種免許は、タクシーの場合です。バスであれば、大型二種免許となります。年齢は21歳以上で一種を取得後に3年が経過している人を対象としています。繰り返しとなりますが、学生以外の二種免許を取得する事を考えている人や大型免許取得をしたい人などであっても、早期の割引や友人同士での割引は適用されるので事前に条件を確認した上で合宿免許を利用すると良いでしょう。

探すときの注意点

合宿免許サービスを利用する際には、注意しなければならない事が数多在ります。それは、合宿をする事に関してですが、これ自体は団体で行動をしている事に他なりません。団体で行動する事ですが、団体で一時的な生活をしている事でもあります。

団体で行動をする場合、利用者はイベント等を実施する側に対して細かな規約等を遵守しなければなりません。合宿免許ですが、宿泊施設の中では基本的には自由に過ごしても構いません。ただ、運営側は当該サービスを実施するに当たって門限を設ける事になっています。門限は厳守しなければならず、一人がした勝手な行動や行為は全体に影響が及ぶ事になります。

教習所を選ぶ際も、何点か注意する事が在ります。安い費用で人気が在る教習所は、案内サイト等や自社サイトで何処に在るかを事前に自分で調べなければなりません。また、施設の周辺がどうなっているのか、付近にバス停が在るかどうか、それと鉄道の駅迄徒歩でどの位掛かるかを調べなければならないでしょう。事前に調べる事を怠った場合、後々面倒な事が起きますし、入念に下調べをした方が面倒な事は起こり難くなります。

宿泊施設が、民間の賃貸住居タイプの場合は室内にどういった設備が在るかを調べる必要が在ります。合宿免許サービスの場合、室内に有る洗濯機は無料で利用できるとされており、これについては知っておくと良いでしょう。

安いところを探す方法

合宿免許の費用ですが、30万円以上である事が一般的とされています。受講費用ですが、税込みであれば赤文字で設定されていて利用者にとっては安心できる色彩設定となっています。合宿免許ですが、個々の教習所に電話で問合せをして申し込みをするのが良いかもしれません。ただ、オンラインで申し込みをする場合や、合宿免許の案内サイト等を通じて申し込みをした場合は割引が適用される事になります。合宿免許の案内サイト等ですが、オンラインでの問合せをして申し込みをした方が割引される事が少なくありません。費用が安い所ですが、意外にも、受講費が30万円未満で且つ20万円以下としている場合が少なくありません。教習所ですが、20万円以下で受講をできる所は特に注目すべきでしょう。

教習所は、全国の至る所に在ります。大抵の教習所ですが、新聞広告、自社サイトでの案内を行っています。案内サイト等を活用した場合、割引がてきようされる事になっていますが、新聞広告を見て申し込みをした場合であっても割引が適用をされる事はあり得ます。特に、宿泊施設が民間の賃貸住居等である場合、一人部屋あるいは二人以上での入居をする事になります。友人同士であれば割引を実施しており、仲間同士で教習時間以外を過ごすのも良いでしょう。

合宿免許の相場

11~3月の間、主に卒業を控えていて且つ就職が決まっている高校生が自動車学校に顔を出す事が在ります。運転免許を取得するのを目的に、教習所の敷地内で講習を受けて仮免許を取得し公道で教習を受けるプランですが、自動車学校では通常のサービスとなっています。

通常のサービス以外にも、教習所では合宿免許というサービスを実施する事が在ります。これは、大学生や社会人が運転免許証を短期間で取得するため、合宿をして集中的に講習を受けるというタイプとなっています。このサービスですが、受講費用は相場としては30万円以上に設定されています。

30万円以上という費用ですが、これは少々気になるという人は少なくありません。ただ、この費用ですが、教習費だけでなく、傷害保険の保険料、教習所が提供する宿泊施設での宿泊費並びに食費、それと教習所迄の交通費も含まれています。合宿免許プランですが、30万円以上であるものの、講習日だけの費用としている事は一切ありません。

合宿免許の費用ですが、当該サービスの案内サイトでのオンラインでの申し込み、学生の場合であれば割引が適用されます。また、学生でない場合でも、友人同士での申し込みや早期の申し込みであれば割引が適用される事が在ります。

また、受講費用ですが、注意する事が在ります。合宿免許案内サイト等では、受講費を明記していますが※マークが付いている事が在り、「教習費以外に、別途費用がございます」という事を意味しています。また、教習所の自社サイトや合宿免許案内サイトでは、受講費用は税込みであれば赤文字で明記されていますので、明瞭会計となっています。